熱しやすく冷めにくいから趣味の幅が果てしない。あらゆる積みものが増え続ける。 ダラダラした日常をぽつりぽつりと語ってます。 ものによっては腐要素を含んでいるものもございますので、ご注意を
 
 
 
 
 
 
貪るように読んでしまいました!! 【和菓子のアン】
 
 
【2012/12/04 15:30】
 
 
久々に大ヒットです!! 私の中で殿堂入りとなる小説に巡り会ってしまいました♪

和菓子のアン (光文社文庫)和菓子のアン (光文社文庫)
(2012/10/11)
坂木 司

商品詳細を見る


「和菓子のアン/坂木司著」

お菓子や料理など、食べ物を題材にした本を買い集めるのが趣味となりつつあるこしあんww
ネットでいい本はないものかと調べた際、こちらの本もお勧めされていたのを見ていたのですが、すっかり忘れていました

作品自体はけっこう前に書かれたものなのですが、最近になって文庫化され新刊台に置かれていたのを見て

「あ、これネットでお勧めされてたやつだ」 と思いだして購入♪

そしたらもうめちゃくちゃハマり込んでしまって、貪るように読み切ってしまいました!!
おかげで、またHDDにアニメが溜まってしまった・・・ orz ww


ちょろっとあらすじを

~梅本杏子(通称アンちゃん)はちょっぴり?太めの18歳。このまま大学に行くのもどうなのか、かといって専門学校に行くほど興味のあることもない・・・。高校を卒業し、このままではニートになってしまう!と焦る彼女の目に飛び込んできたのは、デパ地下の求人。アンちゃんはデパ地下の和菓子店「みつ屋」でバイトすることに。

超個性的すぎる店長や同僚に囲まれながら、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていくアンちゃん。謎めいたお客さん達の言動に秘められた意外な真相とは?
読めば思わず和菓子屋さんへ走りたくなる、美味しいお仕事ミステリー!~


え?ミステリーなの?と読み終わってから思ったのですが、確かに特定のお菓子を買っていくお客さんの目的だとか、お客さんの謎の言動を推理したりだとか、ミステリーの要素があります
ただ、殺人だのなんだのという物騒なミステリーではないので、全体的にほっこり和やかでとっても癒されます♪
ちょっと切ないテイストもあったりして、じんわり胸にも響きます


この主人公のアンちゃんがすごく共感できるんですよ!
太ってることで周りにどういうキャラとして扱われているかだとか、お洒落に興味なかったり、男の人が苦手だったり。食べることが大好きでダイエットには挫折続きだったり
昔の私にすごく似てるんですww
太ってること故の悩みだとか境遇にすんごく共感してしまいました!ww

まぁ、アンちゃんはけっこう頭の回転がよくて冷静で~ってところは似てないですけど(^^;)
大福のような見た目と、大福のようにみんなに福を与えるような人間性がすごく魅力的で、私もアンちゃん大好きになりました♪

アンちゃんだけでなく、他の従業員みんな超をいくつ付けても足りないぐらい個性的すぎる面々で、おもわず

「このお店で働きたい!」 と思ってしまうほど、すごく憧れる職場です☆

そしてこちらの本、ものすごく勉強になります

和菓子の種類、由来、構造などの描写が細かく描かれていて、もう見てるだけで和菓子屋さんに駆け込みたくなってきますww
巻末に書評家の方が感想を寄せてらっしゃるのですが、今まで断然洋菓子派で、いまいち和菓子に魅力を感じていなかったのに、この本を読んで和菓子が食べたくて仕方なくなった!とおっしゃっているその書評におもわず大きく何度もうなづいてしまいましたww

私もどちらも好きですが、圧倒的に洋菓子の方に気持ちを持っていかれてしまうことが多く、デパ地下へ行っても洋菓子コーナーばかり巡っているのですが、この本を読んでから今度デパ地下へ行ったら、和菓子コーナーに行かなければ!と使命感すら覚えましたww


それぐらい、和菓子がとっても魅力的に描かれています
特に上生菓子がおいしそうでおいしそうで、前々から気になってはいたのですが、今度和菓子の物語や辞典の本を本気で購入しようかと思ってます(^^;) ←収納どうすんだww


このシリーズだったら、たとえ100冊刊行されていようと全部買い集める!むしろそんぐらい出てて欲しい!と思ったのですが、残念ながら刊行されているのはこの1冊だけ
今年雑誌で続編が掲載されたらしいですが、それは単行本化しないのかなぁ?
ドラマにするには分量が足りないでしょうから、映画化とかしないかな~♪

この作者さんの文体はとても読みやすく、引き込まれるものがあってとても相性がいいです♪
この方の本なら、たとえ食べ物が出てこなくても読んでみたいww
ちょっと調べたら色々とシリーズを出されているようなので、ちょっと買い集めてみようかな♪

デビュー作がドラマ化されていてディケイドの井上くんが出演してるんですよねぇ
BSだったんで放送は見られませんでしたが、今度レンタル出たら借りようと思ってたんですよ♪
いろんなところでつながってるなぁ


とにかく、この主人公が自分の分身か!?ってくらい、私と似ていて物語にすっと入りこめて本当に本の中に生きているような感覚を味わえて楽しかったです♪
雑誌に掲載された分プラス書き下ろしで次巻出ないかな♪


とりあえず、今度デパ地下行ったら和菓子屋さんで上生菓子観察しようww
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
【2013/03/08 17:26】 URL | 藍色 #- [ 編集]

Re: タイトルなし
>藍色さん

こんにちは(^○^)
トラックバックありがとうございます♪
こちらからも!と頑張ってみたのですが・・トラックバック初挑戦で成功したかどうかすらよく分からなくて・・(゜д゜;)
せっかくのご厚意を大変申し訳ありません!!(>д<)
ヘルプなどを読んでやってみたので成功しているとは思うのですが・・・
【2013/03/08 20:21】 URL | 抹茶こしあん #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://koroholoburari.blog96.fc2.com/tb.php/1495-b560fafe

「和菓子のアン」坂木司
粋な提案【2013/03/08 17:00】 やりたいことがわからず、進路を決めないまま高校を卒業した梅本杏子は、「このままじゃニートだ!」と一念発起。デパ地下の和菓子屋で働きはじめた。プロフェッショナルだけど個性...
 
 
 
▲TOP