FC2ブログ
 
 
熱しやすく冷めにくいから趣味の幅が果てしない。あらゆる積みものが増え続ける。 ダラダラした日常をぽつりぽつりと語ってます。 ものによっては腐要素を含んでいるものもございますので、ご注意を
 
 
 
 
 
 
読書感想駄文 【ボクたちのBL論/サンキュータツオ、春日太一著】
 
 
【2019/09/20 10:00】
 
 
これは・・・ちょっとカテゴリー分類何にしようか迷いましたw
困ったら 【変わり種】項目にしてしまおう!(゜∀゜) (コラw)


【ボクたちのBL論/サンキュータツオ、春日太一著】


ゴールデン枠の番組はほっとんど見ない私ですが、オタクな芸人さんは目にする機会が多くて割と知ってます
ハライチの岩井さんとかすごく見るw
サンキュータツオさんも何度も拝見してますが、確かにBL好きだ~って言ってた気がするな

最近、BLを嗜む男子、腐男子を題材にした作品が増えてるなぁと思いますが、なかなか直に出会うことはないですねw 
・・・いや、男の知り合いすらいないわ(単なるぼっちだろ、あんたw)

男の人でBL好きってどうなの?とか、いろいろ風当たりが強そうですが、私はまったくないです
むしろ萌え話できるなんて最高!まぁ、趣向が合うかどうかは重要だけどww(それは同性であっても重要よ!w)

こちらの本では、二人の対談形式っぽい感じでBLについて熱く語り、信じられないぐらい哲学的に解説なさってますww
まさかBLでここまで哲学的な解説を読むことになろうとは・・・(゚Д゚;)

読んでいて、なるほど、男の人はそういうことを考えるのか、と新たなことを知ったり、あ!それは私も分かる!と共感したり、と同じものを好きな同志としてとても楽しかったです♪
もちろん、「え~、私はそう思わないわ」 と反発することもありました。でもそれはあって当然
100人いれば100通りの考え、好み、萌えがありますから!正解なんてないのです!自分の感じるままが自分の正解なのです!ww

BLにおいての濡れ場シーンを男としてどう読んで捉えているかっていうのはけっこう興味深く読ませていただきました
自分が女として百合をどう捉えているかを照らし合わせて、「ああ、私のこの感覚ってそういうことなのかも」と、自分自身のことについても新たな発見があったりと、ほんとにBLという文学を読んだ気分ですw


これ、腐女子として読むのにも為に?なりましたが、ちょっとBLに興味がある、興味を持ってしまったけどうどうしたらいいんだ!という迷える仔羊男子にピィィ~ッタリな一冊だと思います
そんな男子の指南書たりえるのではないでしょうか?

次はちょっと小難しい文言が並ぶこういうものではなくて、それぞれの作品についての萌え滾る感想を集めた本を出してもらいたいな~。
BL作品から、そうでない作品の腐視点での萌え話とか♪
とにかく色々と語り合いたいです!ww




スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
読書感想駄文 【先生のおとりよせ2/中村明日美子&榎田ユウリ著】
 
 
【2019/08/27 10:00】
 
 

いやぁ~、文章が入ってるとつぅ~いつい読むのに時間がかかってしまって、ま~た長い間積んでしまってました(^^;)


【先生のおとりよせ2/中村明日美子&榎田ユウリ著】

二人の作家、小説と漫画で描かれる作品第二弾!
美少女漫画家・中田みるく(オネエ言葉のドM、フェミおじw)と官能小説家・榎村遥華(気難しい果てしのない巨乳好き)が息の合い過ぎるお笑い芸人の如く、ケンカしつつも抜群のコンビ力でコラボ企画の連載作品を手掛けつつ、おいし~いおとりよせを分け合う、新感覚のグルメ作品!

冒頭で文章があるとついつい読むのに時間かかって~なんて言ってましたが、読み始めると・・・あら?
榎田先生の文章って読みやすいし勢いあってテンポよくておもしろい!(>▽<)

普段のお仕事でもこういう書き方はもしかしたらしてないかもしれませんが(小説って形っぽくなかったしな、台詞の勢いが活きる感じの形式だったし)勢いに乗って一気に読み切れました☆
中村先生の漫画もスタイリッシュに美しく、そして勢いがあっておもしろい!

な~んかキャラクターがイキイキとしていてホントに存在する人みたいなんだよなぁ~
そう思うのは、実際に紹介されてる商品がほんとに買えるってのもあるんだろうなぁ
商品の魅力も伝えて惹きつけて、且つ物語も進んでいくという、今更だけど

この作品、めっさおもしろい!(>▽<) もっともぉぉ~っと発売して欲しい!! (貪欲過ぎるだろw)

なんだかんだ言いつつ、コンビ力高い二人のやりとりがおもしろくていいんだよなぁ~
もういっそくっついちゃえよ!と思うくらいww(BL的要素もあるにある・・・のか?)
今回も二人は恋愛キタ!?・・・撃沈!!を経験してるしねww

最後を見る限りもう2巻で終わり?でも続けようと思えば続けられるよね??という感じだったんで・・・ 期待してます!!( ゚Д゚)/
欲を言えば1年に4冊ぐらい出してもらえたら・・・(どんだけ要求するんだよw)



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
読書感想駄文 【おかしなパン 菓子パンをめぐるおかしくてためになる対談集/池田浩明&山本ゆりこ著】
 
 
【2018/10/25 10:00】
 
 
ふら~っとヴィレバンに足を踏み入れると、なんかいつも面白そうな変わった本を見つけてしまってついつい買ってしまいます☆
そして長らく、ながらぁぁぁ~く積むことになるとww

今回ご紹介するのは、私らしく?パンの本


【おかしなパン 菓子パンをめぐるおかしくてためになる対談集/池田浩明&山本ゆりこ著】


こちら、相当なパン好きであるお二人(途中ゲストさん入れて3人)がパンについてひたぁぁぁっすら語り合っている本ですww
【あんぱん】 【メロンパン】 【ジャムパン】 とパンの種類1つ1つについて語っている章になっていて、そのパンがどうやって生まれて広まっていったのか、外国だとこういう名前で呼ばれているとかここが違うとか、パンの起源や歴史を熱く語り合っているので勉強になりますw

お二人のオススメのパン屋さんの情報がたくさん載っていますし(140軒とな!?・・・まぁ、ほぼ東京辺りなんで私には活用できないですけど ^^;)
パンの美味しそうな写真も掲載され、レシピやどのコーヒーがドーナッツに合うか検証してみた!とか、トーストに合うお供はどれだ選手権!のような実験?も載っていて面白かったです♪


しかしこの本、割と発行は2017年と古いわけではないのに 【ベーグル】が載ってなかったのが意外でした("゚д゚)
【ドーナッツ】 【パンケーキ】 【マフィン】とか、「それ・・・パン部類?いや、そうか、大きく見ればパン・・・か?」というものまで載っていて、お菓子好きとしては嬉しい分類でした☆


でもこの本を読んでいて思ったのは、 私パン屋さんにほっとんど行かないなぁ、パン屋で並ぶ王道パン全然食べないなぁ でしたw(おいおい)

私、デニッシュ系って軽いのにカロリーは高いからなんか損した気分になってあんまり手を出さないんですよ(^^;)
あんぱんとかコロネとか王道のものはつまらないからあえて食べなくてもいっか!って思ってしまうし
そういう王道パンでこそそのパン屋の実力というか、おいしさが詰まってると思うんですけどね~
なんか未知なる出会いを求めているみたいですw

ベーグルも大好き!なわけではなく、単に種類が多いから、通販できるところが多いから攻略しているという、根っからのコレクター気質(攻略病)みたいで(^^;)
じゃあ、あんたいったいなんのパンが好きなのさ!って言われると

蒸しパンです!!ww

なんかパン・・・だけどさ・・・と言われそうな、ちょっと外れたところにいますよね、蒸しパンってw
どこの会社か忘れましたけど、小学生の時ほぼ3日に1回くらい朝食は紅茶の蒸しパン食べてました
すごく有名な大手会社から出てる通年販売商品だったと思いますが・・・・あれ、どこのやつだったんだろう?もうないんですよねぇ・・・

この本を読んでいたら、パン屋さんの開拓もしてみたいなぁ~なんて思いました
まぁ、パンパンに詰まった冷凍庫見て言え!って感じですけどww


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
読書感想駄文 【魔導大全 1996年復刻版/復刊ドットコム】
 
 
【2018/10/04 10:00】
 
 
はたして、これを読書といっていいのかどうか・・・(^^;)


【魔導大全 1996年復刻版/復刊ドットコム】


1996年に発売された本が復刊ドットコムさんの尽力にて?復刊した!というちょっと話題になった本ですね。
ぷよぷよシリーズの元となった魔導物語の世界の用語や登場人物、アイテムなどが列挙してある辞典です
写真やイラストも載っていますが、圧倒的に文章が主なんで

まぁぁ~読み終わるのに時間かかりまくったよねぇww


ちなみに、私はあんまりぷよぷよには馴染みがなく(やっても連鎖なんぞ組めないし適当に積んでいくだけですぐ自滅するからw)世代的にはスーファミくらいからなんで、ファミコンすらちょっと世代じゃなかった身としてはそれ以外のハードで出ていたゲームなんぞ触る機会など皆無だったわけですよ、なんで

魔導物語系のゲーム全然馴染みないんですよね! (なんで買ったw)
でもはなまる大幼稚園児は大大大好きでプレイしまくったので、それが含まれていたのが嬉しかったです(*´▽`*)

何年前かは詳しく知りませんが、ぷよぷよって大リニューアルしたの?ってくらい絵柄が変わっちゃって、もはや私の知るぷよぷよは消滅したのか・・・(゚Д゚;)なんて思っていたのですがww
この本を見て、ものすごくリアルでエグイキャラの写真がちょいちょい出てきたのに驚きました・・・
そうか、私がよく知っている絵柄よりもさらに前の絵というか、リアル画世代があったのね・・・


読んでたら色々と思い出しましたよ、
ぷよぷよは苦手だからプレイすることはなくてもキャラの多さに心惹かれて(昔から収集癖があった模様、種類の多いものが好きだったw)絵のうまい友人に 「全キャラ書いて!」ととんでもない無茶ぶりをしたり(今より少ないとはいえ、当時でも膨大な数のキャラクターがいましたw)

ぷよぷよのRPGゲームが出ると知って 「やりたぁぁぁい!!( ゚Д゚)」と滾ったものの、セガサターンのゲームだと知ってとんでもなく悔しくて悔しくて・・・・諦めたことも・・・

随所にまだまだゲーム作るぜ!盛り上がっていくぜ!というやる気がみなぎる文章があって、この後のコンパイルの行く末を思うとちょっと切なくなったり・・・(:_;)

ぷよまんとか、結局買えなかったなぁ。いつかいつかって思ってたらねぇ、後悔ですよ
でもカーバンクル人形は通販でゲットしたんだよなw 今でもベッド上でのほほ~んと笑っておりますww


さて、懐かしさに心動かされちゃったし、案の定買ったまま積んでるPC版はなまる大幼稚園児やろうかな・・・・ww


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
読書感想駄文 【難解な腐女子/かおもじ著】
 
 
【2018/06/08 15:50】
 
 
けっこう片づけを進めて部屋の床が広がってきてはいるのですがw 本だけは読み終えても読み終えても新しいのが重なってなかなかタワーが消失しません"(-""-)" (買うからだろw)
けっこう文字数多い本を買いすぎなのかしら?
漫画でもけっこう読んで理解するのに時間がかかるものを買ってるのかも・・・


【難解な腐女子/かおもじ著】


こちらはネットで紹介されているのを見て、面白そうだと思い購入しました。
腐女子と一括りにされているけれど、その中でもいろんなタイプがいるのだ!という解説漫画?
例えばリバOKだけど推しCP以外は認めない!とか、推しが受けならどんなものでもOK!とか、そういう拘りをヘビタイプ、カエルタイプ、ナメクジタイプ・・・・と、動物名をつけて解説し、彼女たちの攻防をネタにした漫画なのですが・・・


複雑すぎて関係図をまぁ~~ったく理解できないww

いちいち冒頭の紹介図式に戻るのも面倒で(毎ページ読む度に見ないと分からないほどほんと難解!!)
もう諦めてさら~っと読みました(おいw)
ぶっちゃけ私があまりそういう拘りがないというか、自分の概念に当てはまらないタイプは許せない!遮断する!怒りが湧いてくる!っていうのがいまいち・・・分からないんですよねぇ(^^;)

傾向がないわけではないのですが、自分はカエルタイプだわ!ヘビタイプだわ!と当てはめることも難しい・・・
しいて言うなら作品毎、CP毎にタイプって変わるんですけど?(カメレオンタイプ?)
SNSが普及した昨今、自分のこだわりから逸脱する萌えを持つ人を攻撃したりすることが多々あるということで、怖い世の中だなぁとつくづく思います。

別にオタクに限らず、SNSの闇ってホント深いですよね・・・・・



あ、ちなみに私は推しキャラが受け、ということが多く、総受けなら相手は誰でも結構OK!
このCP以外認めない!ってことはあんまりないタイプです(*´▽`*)
リバはあんまり・・・ですかね

読んでいて、そう言えば相方とCPがどうとか誰が受けかとか語り合ったなぁ・・・
だいたい相方とは推しキャラが被ることはなく、推しCPも逆のことが多かった・・・・と、懐かしすぎる思い出が甦ってきてなんだか色々と切なくなりましたww


要所要所で入っているオタ用語やネット用語解説が勉強になりました!
特にネットに関しての解説は助かります!アナログ人間なもんで!(>Д<)
ああ、昔からあるよねぇその単語!と懐かしいものもあれば、なにそれ?!そんな用語誕生してるの??(゚Д゚;)なんてものもあり、腐女子界は発展を遂げているんだなぁとしみじみ・・・


ちなみに一番共感したのは、すんごい好みの絵師さんを見つけたのにその方の推しCPが自分と逆だったというエピソードww
これけっこう多いんだよなぁ・・・"(-""-)"
あとは王道CPよりもマイナーCPにハマってしまい、供給が得られずに苦しむというね・・・うん、自分が変わり者だっていうのは何十年も前から分かっているよ・・・・



テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP