fc2ブログ
 
 
熱しやすく冷めにくいから趣味の幅が果てしない。あらゆる積みものが増え続ける。 ダラダラした日常をぽつりぽつりと語ってます。 ものによっては腐要素を含んでいるものもございますので、ご注意を
 
 
 
 
 
 
読書感想駄文 【欲が出ました/ヨシタケシンスケ著】
 
 
【2020/08/02 10:00】
 
 
出ました!ヨシタケさんのスケッチ解説エッセイ第二弾!(>▽<)


【欲が出ました/ヨシタケシンスケ著】

ヨシタケさんのイラストが描かれた本がほんと多いですね!
ただ、以前ヨシタケさんのイラストだけど中身(文章)は彼が書いたわけではない、考えたわけではない、という本でいまいち・・・(^^;)という目に遭ったので、買う時はヨシタケさんが全てを担当されてるかチェックするようにしてますww

こちらは間違いないです!なんたって第二弾ですから!(なんだよ、それはw)
ヨシタケさんが普段描きとめているスケッチについて解説とエッセイが添えられています
しかも、今回はご本人たっての希望で解説なしでスケッチだけ集めたページも!
正直、どういう意味かはっきりとはしないスケッチもありましたが、これはどういう意味だろう?と考えるのもまた楽しかったです♪
なんか脳が刺激を受けてる感じがしましたし!(゜▽゜)

相変わらずの味があってクスッと笑えるイラストと、何とも言えない刺さる感性を綴った解説が楽しかった!
ってことで、個人的に好きなところや考えさせられたところをピックアップしてご紹介します♪




●人間には午前中にやってしまいたいことがある

これは納得。私は家事の大半を朝目が覚める4時から7時までにやってしまうw
なんかもう面倒な事、嫌な事は最初にさっさと終わらせて精神的に楽になりたい!
夏休みの宿題も8月中旬にはすべて終わらせるタイプだったなぁ、心配性だったからw


●だってホラ、本人だもの。だから飽きるわけにはいかない

本人だから、自分自身に飽きるわけにはいかないって話。・・・私は自分に、生きることに飽きてしまってるんだなと
自分の現状を思い知った私とは真逆のお話でした(^^;)


●人に感謝を促す係、人を肯定する係という人がいればいい

子供とかの教育にいいし、人を正せる、支えられる。いいなって
お金貰える仕事として成立するなら私も!・・・と思ったけど、自分がそんなことできる人間か?と省みたらあまりに自分がダメクズすぎて自分が肯定してもらいたくなりましたよw


●植物のように、与えられる光と水の通りに

育てばいいのに。人間って同じものを与えても決してみんな同じには受け取らない。だからこそ悲劇や喜劇が生まれると
みんなこういうものを与えたらこうなるって決まってたら簡単でいいけど、それだとつまらないよねって話
人間って複雑だなぁと改めて思いました。面倒だけど、だからこそ魅力的、たとえ悲劇であっても生み出されることのおもしろみには勝てないと


●犬はぜんぶ男で、ネコはぜんぶ女だと思ってた

ヨシタケさんの次男さんより。すごい斬新な考え方だ!Σ(゚Д゚)とw
子供の思い込みっておもわず唸るぐらい感動というか、感心してしまう、新発見!なものがたくさんありますよね
それに触れると自分の感性や人間性も刺激を受けて活性化するような気がします
ちなみに私は衣替えを子供変えと勘違いして、 「私変えられちゃうの~!!」(TДT)と泣いたそうですw


●正しいかどうかではなく気が済むかどうか

それ絶対失敗するよって言ってもお嫁さんは絶対効かない。失敗するって分かっててもやって、それで気が済んですっきりしてるって話。子供でもそれやっちゃダメ!っていっても聞かない、ギャ~ギャ~とやらせるまで駄々をこねる。
やらせて気が済んだらいいんだって話
なるほどな~、そうだよね~と納得したんですけど、なんかヨシタケさんとお嫁さんのやりとりに簡単な事ではないんだなと思ったのですw

けっこうすぐ分かる法則だけど、忙しい時に愚痴ってくる奥さんに 「それちょっとあとにして」なんて言えない、言わせるだけ愚痴を言わせないと終わらないと十年経ってようやく分かってところがw



●君の一部が欲しいんだ、全部はいらないんだ

そんなヨシタケさんが奥さんにプロポーズされて言った言葉
一見、ひどい言葉に思えるけどちゃんと深ぁぁ~い理由がありました。当時奥さんには1mmも伝わらなかったそうですがw
私はけっこうすぐに 「なるほどね~」と納得したかな。
ほんと、全部じゃなくていい、一部だけで十分
全部を求めるから色々と世の中で問題が起こることもあるんだろうな~と。


●肯定欲

人にはこれがある。肯定されたり ⇒ 得られない ⇒ 誰かを否定することで穴を埋める
これが今の世の中なのかな~という話になるほどね~と
自分が褒められたいけど得られない、だったら自分が人を褒めよう!ではなく、代わりに人を貶めて、他人を否定することを満足する代わりにするのはなぜなんだろうと。
ほんとにね、優しくない世界だよね


●なんでもかんでも経験すればいいってもんじゃない。その経験が邪魔をしてかえって何も言えなくなることもある。知らないからこそ無責任な提案をすることができて、それに救われることもある

なんでも経験しておくべき!それが後に生きてくる!っていうのはよく聞くけど、これはそんなに聞かないかな~と。意味はすんなり理解できて、私もその定義は知っていたはずなのに忘れてたなと
ちらっと、私も小説とか書いてみようか!でも・・・私は他の人が当たり前のように積み重ねている経験をほぼ未体験で、知らないことが多すぎる。そんなヤツが書くものなんて誰にも響きはしないか、と毎回諦めてました
でも、そんな私だからこそ書けるモノがあるのかなとチラッと思ったり
まぁ、私だからこその個性的な、「はぁぁ~?」(# ゚Д゚)って内容になるかもしれないけどww



なんかその人の考えに触れるものを読むと、自分の内面についても考えさせられるというか、自分はどうだろう?とつい深く潜っちゃって読むだけでけっこう精神的に疲れますね(^^;)
でもいい時間を過ごしたな、と心地いい疲労感です

最後に、解説なしのスケッチで 【買って ⇒ つんで ⇒ 満足】 ってのがあって、 これ私だ!(゚д゚)と一番大きく反応しちゃいましたww



スポンサーサイト



テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
読書感想駄文 【思わず考えちゃう/ヨシタケシンスケ著】
 
 
【2020/06/08 10:00】
 
 

自粛生活で読書の時間ができ、けっこう本読んでます!積んでた本消化していってます!って話を随所で聞きます
・・・・うちとは無縁の現象だなぁ(^^;) (おい!ただでさえ積んでるもの多いくせに!!w)
ってことで、ちょっとずつでも私も読書してこう!積み本消化!と意気込んで・・・・文字数少ない本から片付けることにしましたww


【思わず考えちゃう/ヨシタケシンスケ著】

【あるかしら書店】という本を読んで、シンプルだけど味があってどこかファンタジー感のある絵と、作者の独特の着眼点や発想力、感性が好きで、ちょっと共感するところもあって注目してる絵本作家さんです♪
とはいえ、子供用の絵本を買う・・・ってことはあまりない(^^;)
こちらは、ヨシタケさんが日頃、ふと思いついたことや見かけたことを文章やイラストでメモしていて、講演会などでうっかり時間が余ってしまった時にそれを披露したなかなか好評だ、ってことでそのネタを集めた本となっております。


たくさんのネタが載っているので、1日に2~3ページずつでも読める読みやすさ!
そして、やっぱりこの人の目の付け所、考えは面白いなぁ、なんか分かるなぁと思いました。
ネタバレになってしまいますけど、特に心惹かれたネタをいくつかご紹介します♪


●あぶらとり紙みたいに、心配事を吸わせる紙があればいいなぁ

これは 「ほんとそう!あってほしい!!」 と深く深く同意!w
大概のことには無関心なダメな奴なのですが(^^;) こだわりを持っていることや一部には根っこの深ぁぁ~~い心配性を発揮するので情緒が不安定な私にはこの商品、喉から手が出るほど欲しいです!!w
吸わせてポイってしたらスッキリしてさ、生きやすくなるよね・・・



●今しかない もったいないのに 大事にできない やさしくできない なぜかしら

お子さんがかまってほしいと言ってきた時、面白い事をやっているなって分かっていても仕事中だったり苛立ったり焦っていたりしてかまってあげられない、ついキツイ言い方をしてしまう。今しかかまってあげられないのに、貴重な機会を潰してしまっている、分かっている、分かっているけど大事にできない、やさしくできない・・・
なんか母親に対して自分がそうだなぁと胸に刺さりました。
忙しいとほんと余裕なくて当たってしまう、もったいないことしてる後悔するに決まってるのに、悪いこと、ダメな事って分かっているのに直らない・・・どうしたらいいのかなって



●お子さんが寝転がっていて、「ああ、寝てるんだな」 と思ってしばらくしてから目を向けると目を開けてこっちをみていた。実は起きていたんだなって話

自分もそういうことしてたわ、ってヨシタケさんは思い出したそうですが、私も子供の頃寝たふりして親の動向をこっそり見てたなって思い出しました。父親が仕方ないなって部屋まで運んでくれることがあって、それを待って寝たふりを続けたりしてね
すっかり忘れていた過去の記憶がバチっと甦って、なんか軽く衝撃を受けました



●とても気に入って、大事にしたいから結局使えなくてしまったままでいるモノたち

これ分かる!大事なものだから汚れるのが嫌で使えなくて・・・結局ビニール袋被ったまま使われることなく眠ってるものたくさんある!(^^;)
ヨシタケさんも気に入った本は大事すぎて読んで汚れるのも嫌で、結局そんな大事でもない本ばかり読んでくたびれてたっておっしゃってましたが、私もそうでした
私、本をお気に入りのモノを後ろに置く習性があって、で読み始めるのはそんなに気にいってない前の方に置いてる本からだからお気に入りなのになかなか読む機会なかったなってww
好きなものは最後に取っておくタイプなんですよねぇ~ww



ここからはなるほどな~、そういう考えで生きていったら気が少し楽になるかもしれない・・・と思った小ネタ

●自分がすること選ぶこと、身に起こること、すべて宝くじを買っていると考えればいいのではないか

このつらい経験が何かに化けるかもしれない、そう思えたら少しは気が楽になるのではないかってことなのかな
確かに、今までやってきたことがすべて無駄だった・・・と後悔してしまうより、もしかしたらこれが何十年か後にすごくいいものに化けるかもしれない、ものすご~く役に立つかもしれないと思えたらいいよなと

この宝くじの結果が出るのがすぐじゃなくて、何十年か後かもしれないっていうのが気が長いですけどねw
買ったことすら忘れそう、でも忘れられるなら辛い気持ちとかモヤモヤも忘れちゃうってことだもんね
生きてることに割と文句言わずに済むんじゃないか、っていう考え方がいいなって思いました



●どうすればいいんだろう ⇒ 好きなことをしていけばいいんじゃない! ⇒ でもそのためにはどうすればいいんだろう

人生は結局このループだと。その考えにもなるほどな~と思ったのですが、その後の 【よほど特別な人じゃない限り、本当に好きな事なんてない】 って文がなんかグッサァァァ~!!って刺さりました
私、未だに自分が何をしたいのか分からないし(^^;) 子どもの頃から将来の夢というものを持ったことがなくて、自分はちょっとおかしいのかもしれない・・・って思ったこともあるけど、案外それって普通なんじゃない?って思えました



●もしそうなったら、そういうものをつくればいいだけだよ

もし○○になったらどうしよう・・・ 心配性にありがちなこと、けっこう深刻な悩み
その時にそれを解決するものを作っちゃえばいいだけだよって思えたら・・・ちょっとは気が楽になるかなって
誰にでも明日の変化に対する恐れがある、変化したくないという思いがある、って文にもほんとそうだなって深く深くうなづきました。
私は変化したくないって思いがちょっと他の人より強い、多分そう。だから相当生きづらい(^^;)

こういう風に考えられたらきっと素敵。でも実際はそういうものを作ることは相当難しい、一筋縄ではいかない
そもそもできたら悩むこともないんだよ、でもそう言い聞かせて不安や恐怖をちょっとでもなだめられたら・・・いいなぁ



いやぁ、やっぱり本を読むのっていいなぁと、改めて思いました。
色々な考えや感情が芽生えて、なんか創作意欲が湧くんですよ!
私も日頃、ポツポツと浮かぶ考えや妄想をメモっておこうかな!なんか生まれそうな気がする!!と思いましたね(゜∀゜)
みんなTwitterとかで呟いちゃうんだろうけど・・・私もアナログにメモに書き留めていこうかな


テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
読書感想駄文 【だからオタクはやめられない。/パカチャン著】
 
 
【2016/12/31 18:09】
 
 
最近、Webコミックエッセイの本を買うことが多いです。
流行に乗ってるな!私!!(どこがだ)
特に食系(主にスイーツ)とオタク系のジャンルのエッセイ本が多いですね(*^▽^*)
今回はこちらのジャンル


【だからオタクはやめられない。/パカチャン著】

となりの801ちゃん最終巻のコメント集にお名前があった方の本を本屋で見つけまして、こりゃあたっくさん共感できるネタの宝庫だろうなと買っちゃいましたww
そうそう、話脱線しますが801ちゃん最終巻に衝撃ですよ!(TДT)
これからもゆる~く不定期発売で続いていくと思っていたのに・・・・
というより、10年経ったという事実に地味に打ちのめされました・・・・ orz
月日が経つのはホントに早いぜ・・・

と、801ちゃんロスを埋めるかのようにこちらの本に助けを求めたわけですがw
読んでいて思ったのは、 ああ、間違いなく同年代だわ、このお方ww
もうネタが分かりすぎて懐かしすぎてたまりませんでしたw

中学の時にるろ剣が流行っていたとか、ホイッスルとか封神演義、セラムンにリボーンとか・・・・
懐かしい作品名のラッシュに思わず涙が・・・(つДT)
(リボーンは今年見たじゃないか、あんたw)

あとはもう過去のものとして今は知らない人がいる、ということをこの本を読んで初めて知ったりね
サイトとかキリバンとか、サイン張とか・・・
そうか、確かに今はサイトじゃないですよね、pixivだわ。私も見てるわw
キリバンとかもう死語なのか(そこまで言ってないだろw) 嘘や・・・ orz

作者さんはちゃんと現代のツールや流行も習得していてすごいと思いました
やはりガラケーユーザーだと時代に取り残されるな、と改めて思い知りましたよ(^^;)
Twitterとかリアルタイムな動きを追えないですからねw

作者の方は2.5次元舞台にハマってるとのことですが、改めてその世界にハマることがどれほど恐ろしいかが垣間見えましたね
注ぎ込まれる大金、観劇で埋まっていく予定・・・・特に出費が凄まじそうで恐ろしい!!(゚Д゚;)
あれ、一度ハマると推しメンがどんどん増えていってそれこそカオスですよね
私はそこにハマり込んではいないので、戒め(教訓)として本書を読ませて勉強させていただきましたww

こういう同年代のオタネタエッセイ大好きだなぁ♡
やっぱり共感できるっていいですね!楽しい!!(>▽<)
・・・・・日々いかに孤独に過ごしているかがよく分かりましたよ・・・(なんで暗く締めるんだよw)

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
読書感想駄文 【世界ぱんぱかパンの旅 ロンドン編/山本あり著】
 
 
【2016/12/31 16:09】
 
 
新年を迎える前に、今年読み終わった本の感想を書いておきましょう!

【世界ぱんぱかパンの旅 ロンドン編/山本あり著】

もうパン中毒?というほどパン好きな山本さんの、パンを食べるために行った海外遠征第二弾!(シリーズとしては第三弾ですが)
国によって食べ物ってほんとまぁ~ったく違いますから、パンとスイーツは私も各地回って色々攻略したいなぁという願望はあります。
んが、山本さんのように実際にできるわけがありませんww
それを実行に移してしまう情熱と行動力、そして同行者がいるという点が非常に羨ましいですww
未だに海外行ったことないですからねぇ(^^;) (ちなみにディズニーにもUSJにも一度たりとも行ったことがないと言ったら驚愕されますw 特にUSJはね、関西に住んでるのに!?とww)


ロンドンということで、パンだけではなくオシャレな建物や風景も見られていいなぁ~と、羨ましい気持ちは増すばかりw
個人的にはパンもいいですけど、ちょいちょい出て来たスイーツに心惹かれましたw
アフタヌーンティーセット、本場のもの食べてみたいなぁ (*´▽`*)

私がよく食べているベーグルも出てきましたが、イギリスのベーグルはどでかそうだったなぁ(゚Д゚;)
半分で十分な感じw
エッグタルトもおいしそうだったし、サンドイッチも魅力的☆
サンドイッチ発祥の地があるとか初めて知りましたよ(゚д゚)

まぁ、一番おいしそうだったのは・・・・やっぱりアフタヌーンティーセットのスイーツかなぁ (*´▽`*) (パンの漫画だってのw)
好きなもののためにここまで情熱をかけて突っ走れる人を見るのはすごく楽しいです♪
次はどの国のめずらしいパンを食べ歩いて本にしてくださるのかしら♪と、楽しみにしております(*^▽^*)

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
読書感想駄文 【ひとりぐらしも何年め?/たかぎなおこ著】
 
 
【2015/10/12 17:01】
 
 
この方のコミックエッセイ(カテゴリー名変えた方がいいかなぁ)は買う!という方が何人かいらっしゃって、この方もその一人です。

「お!最新刊出てる」 と見つけた瞬間、自然に手に取ってそのままレジへGo!でしたw
こんなんだから部屋のスペースなくなっていくんだよ・・・ orz


【ひとりぐらしも何年め?/たかぎなおこ著】

ひとりぐらしのエピソードを綴ったエッセイ、これで・・・4冊目、かな?
1冊出版社が違うのか、巻末の紹介ページに載ってませんでしたが(^^;)

すでに東京での一人暮らしが10年を超えた著者に対して、人生で一度も一人暮らしをしたことなどないこしあん(^^;)
でも、ズボラなところなど性格が所々一致しているからか、ちょっと共感できる部分がちょいちょい出てくるので読んでて楽しいです♪


一番共感したのは・・・洗濯物の話かな
はりきって洗濯して干して行ったら雨が降って濡れたぁ!(TДT)とか・・・・あれ?私、一人暮らしじゃないのになww
取り込んだと勘違いしていて干しっぱなしになっていた大物(ふとんなど)が、雨でびっしゃびしゃになったエピソードも 「あるわぁ」としみじみしてしまいました
私も余裕ぶっこいててすっかり忘れ、そういう時に限って凄まじい土砂降りになってその後洗濯機で絞りにかけなきゃいけないほど水吸って重たくなったなぁ(^^;)


あとは勿体無いとなんでも取っておく癖があって、どんどん荷物が増えていくとかね(^^;)
断捨離を決行する話がありましたが、私もちょこちょこ最近やり始めてるのでまたもや共感w

知り合いから猫を預かって猫が買いたくて仕方がなくなった~っていうのは・・・共感しないけどw
いやぁ、自分のこともまともにできないのに何かの世話をするってのは・・・・大変だよぉ(;´Д`)
犬、猫は手も金もかかる!ww 飼えてハムスターぐらいが限界ですかね、私のレベルでは orz


電化製品の不調にオタオタしてネットで調べまくったり、というのもあるあるで分かるw
なんで電化製品って1つ壊れると連鎖的に他のものも調子悪くなるのか・・・ほんと霊現象並ですよ(イミフw)


ちょっと違う雑誌から引っ張ってきたというおにぎりについての物語は、なんだか自分の子供時代を思い出して一番心動かされました。
母親の作ったおにぎりが一番おいしいっていうね、ほんとそうですよ
中でも運動会で作ってくれたお弁当がやっぱり一番記憶に残ってますねぇ
すんごい力入れて作ってくれていたのを覚えています。前日から仕込みしたりしてね
お稲荷さんの揚げを作ってくれてたかな、でもバリバリお米信者だったこしあんは稲荷はあまり好きではなく、おにぎりばかり食べていましたww
唐揚げも必須だったなぁ、甘い玉子焼きとか。家族でバクバク食べていたのを覚えてます
もう思い出の中のものでしかないですが、いつまでも消えることなく輝き続ける大切な思い出ですねぇ(*´▽`*)


そうそう、巻末によるとどうやら作者さん、彼氏ができたそうでw
他の方ですが、いつのまにやら結婚しました~なんて展開があって 「あら?あの○○ちゃんが??」と、近所の子の結婚に驚くおばちゃん状態になったこしあんですがw 今回もそんな嬉しい話を今後の新刊で知ることができるのか、ちょっと楽しみにしてます♪

この方の両親との昔話や現在の親孝行エピソード(旅行に行った~など)がほっこり和んで好きなので、そちらのエッセイも楽しみに待ってます♪

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

 
 
 
▲TOP